長く住むために

綺麗なリビング

長年住み慣れた家でも、時間の経過とともに家の中は劣化してきます。
特にキッチンや浴室と言った水回りは劣化が激しい個所なので、普段から掃除を念入りにしておく必要があります。
しかし、仕事や家事が忙しいと細目な手入れを行うことが難しいのも現実です。
特に梅雨の時期はカビが発生しやすい個所なので、少し手入れを怠っただけでもカビが発生しやすくなります。
目につく箇所の手入れは簡単ですがキッチンや浴室の手が届かない細かい隙間だと掃除を行うのは難しいです。
知らない間に劣化していくか所なので、時間の経過とともに品質が劣ってしまいます。
ある程度の年月が経過したら、水回りはリフォームを行うことが得策です。
早い段階でリフォームを行えば、被害は最小限でとどめることができます。
また心機一転新しいキッチンや浴室に入れ替えると、気持ちよく過ごすことができます。
家全体のリフォームは多額の費用が掛かりますが最低限の箇所をリフォームするだけでも気分が違います。
複数の業者に見積もりを出してもらい、リフォームの必要性を考えることで住宅はいつまでも長く住むことができます。

使いやすさ

快適な暮らしを維持し続けるための手段の1つとして、今やリフォームはすっかり市民権を得ました。
以前は住宅事情を改善するにはいったん取り壊して新築するか引っ越しをするかのいずれかの方法によっていましたが、今の住まいに手を入れることによって生活スタイルの変化や利便性の向上などに対応するという暮らし方は当たり前のものとなってきています。
そんなリフォームの中でも、特に需要が高いのがキッチンや浴室などのいわゆる水回りのリフォームです。
これには理由があります。
それは、基本的には毎日使う場所であり、また水のほかに熱を扱う場所でもあるので、家の中でもとくに傷みやすいことです。
また、最新設備が次々と登場することも理由の1つとして挙げられます。
実際、ここ最近の動向だけを見ても、キッチンなら自動食器洗い機やIH調理器具、浴室ならシステムバスや浴室乾燥など、さまざまな新商品が現れています。
また壁材や床材にも耐久性や掃除のしやすさなどを重視した新素材が開発され、人気を集めています。
さらに最近、需要が高まっているのが、介護リフォームと呼ばれるものです。
高齢化社会の本格的な到来を迎え、お年寄りにも使いやすく、また介助者の負担も軽減できるような改装が必要とされるようになっています。
具体的には、流し台の高さの調整、浴槽まわりへの手すりの設置、ヒートショック対策などがこれに当たります。
なお、リフォームと類似の言葉にリノベーションというものがあります。
両者の区分は明確ではありませんが、一般にはリノベーションの方がより大規模な改装を指す言葉として使われています。
たとえばキッチンと隣室の間の壁を取り払って広いダイニングキッチンを新たに作るといったことはリノベーションの範疇に入ります。

オススメリンク

傷がある白い壁

住みやすい環境

従来の浴室は、床がタイル張りで、冬場はとても冷たく寒いです。
また浴槽に入るまでに高さがあってお年寄りが湯船に浸かるのはとても大変なことでした。
これをリフォームすると、浴室は段Read more

関連リンク

アーカイブ
カテゴリー
最新の投稿
カレンダー
2014年12月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031